中学受験をするには、高額な塾の費用がかかりますし、私立の中高一貫校は公立の学校よりも高額な授業料がかかるため、親の金銭的な負担は他の家庭に比べて大きくなります。 また、子供も他の子が遊んでるのを尻目に、小学校が終わった後ほぼ毎日のように塾に通って夜遅くまで勉強しなくてはなりません。 ここまでして、中学受験をするメリットはあるのでしょうか? 中学受験をして中高一貫校に入学し、東大理科三類に入学した筆者の目線からお話ししていきます。 中学受験のメリットは? まずはメリットについてまとめていきます。 大学受験に有利 まず一番に来るのは、大学受験に有利になるというところではないでしょうか? 僕の体感では、周りの東大生の半分くらいは中高一貫の名門と呼ばれる学校出身な気がします。ここでいう名門とは東京でいうと開成、筑駒、麻布、海城、駒東、桜蔭、JGとかその辺です。(僕が忘れてるだけでもっと名門はあると思います) 公立中学→公立高校→東大という友人がいますが、彼の話を聞くと中高一貫校出身の人よりもかなり大変そうでした。やはり学校の授業の進度が遅く、大学受験の直前まで大学受験の範囲が終わっておらず、その人曰く現役で合格するのは不可能だそうです。 対する中高一貫校では授業進度が速く、中学の間に高校の範囲に入っており、数学などの科目では高2までに全範囲が終わっており高3の間は演習を積んで大学受験対策をするというところが多いです。 また、先生のレベルが高く良い授業をしてくれるので、塾に行かずに大学受験をして東大に合格しちゃうような人もいます。僕の学校では、高校2年あたりにはだいたいの人は塾に行っていましたが。。。   また、同じ大学を目指す仲間がたくさんいるというメリットもあります。仲間がいることで勉強のモチベも上がりますし、大学受験に関する情報も手に入りやすいです。 ここでいう情報とは、どの塾に行けばいいのか、この時期はなんの勉強をすればいいのか、これくらいの成績ならどの大学に受かるのか、、、などなどです。 公立出身の僕の友人の話に戻ると、地方だったこともあり、周りに大手の塾がなく、こういった情報が手に入らず手探り状態で不安だったそうです。情報力という点でも中高一貫校は有利です。 高校受験をする必要がない その次に来るのは、高校受験の必要がなくなることでしょう。学校によっては大学までストレートでいけるところもあります。 公立の中学に通った場合、高校に進学するには推薦でなければ必ず高校受験をしなければなりません。しかし中高一貫校では高校受験がなくて済むため、中学3年の間も受験勉強に縛られることがありません。小学校の時に勉強した分、中学の間は勉強に縛られることが無くなります。 僕が一番この利点を感じたのは、中学3年の間も部活を続けられるということですね。同じ地区にいた強豪たちが受験勉強のために部活を引退している間に僕たちは練習を続けられたので確実に彼らとの差が減ったように思います。 スポーツ推薦の人たちは知りません。。。 治安がいい やはり中学受験をして入って来た子供は、裕福で教育熱心な家庭の子供が多いです。そのためかどうかはわかりませんが、公立の中学ではありがちな不良グループなど治安が良くない系の問題はほとんど起きません。 僕の学校では、皆良い意味で他人に興味がないというか、人は人、自分は自分といった雰囲気があって、いじめなどもありませんでした。 中学受験をくぐり抜けて来た子の中には、あまり小学校で馴染めなかったような子も多くいますが、ある意味同じ試験を通って来た「似た子供」が集まっているため、馴染めやすいように思います。 このような環境では、生徒たちはのびのびと自分を発揮できると思います。親から見ても安心感は大きいのではないでしょうか? 中学受験のデメリットは? 続いてはデメリットについてまとめていきます。 お金がかかる 中学受験をするとなると高額な塾代がかかりますし、進学後も公立の学校に比べて学費は高いですし、家から遠いことが多いため交通費が多くかかったりと色々と金銭的な負担は大きくなるでしょう。 ただ高校受験がなくなるためそのための塾代はかからなくなるので、中学受験をした方が金銭的な負担が大きくなるとは必ずしも言えないかもしれません。 受験のせいで遊べない 中学受験をする子供は遅くても小学校4、5年の頃から中学受験用の塾に行かなくてはなりません。ほぼ毎日学校が終わると塾に行って、家に帰っても塾から出された宿題を解かないといけません。 他の子供が放課後遊んでいる中、友達と遊ぶのを我慢して塾に行かないといけないというのは小学生にとっては辛いと思います。 また、模試の成績が良くない時など小学生のメンタルには厳しいこともあるかもしれません。 僕の場合は、塾で友達ができて、競い合うように勉強していたのでそれほど苦には感じませんでした。親としては、子供が楽しんで勉強できるような塾を選んであげるのが大事ですね。 均質な環境 中学受験を突破して中高一貫校へ入学した生徒は、同じような家庭環境で同じような学力を持った子供の集まりなので、世の中の平均からしてみれば特殊な集団です。 良い意味で考えれば、生徒たちはクラスに馴染めやすいでしょうし、友達を作りやすい環境と言えますが、多様性がない均質な環境とも言えます。 中高の6年間をそのような環境で過ごすと価値観が偏ってしまったり、あまり世の中を知らないで大人になってしまうかもしれません。 恋愛ができない 中高一貫校の多くは男子校か女子校です。僕も男子校だったのですが、彼女がいる人は一握りしかおらず、彼らは嫉妬・妬みの対象となっていました。そして、その他大勢の人々は恋愛とはかけ離れた世界で生きていました。 また男子校女子校出身者は、大学に入っても、男子校こじらせまたは女子校こじらせを発症し、恋人がなかなかできないという人が多数発生してしまいます。 まあしかし、これは個人の問題という気がします。。。 家から遠い 私立の学校に通うとなると、通学距離が長くなってしまうかもしれません。通学時間が長くなって、やりたいことがをする時間がなくなったり、睡眠時間が減るということになるかもしれません。 志望校を考えるときは通学時間も考慮に入れたほうが良いかと思います。 まとめ いかがだったでしょうか? 中学受験のメリットとデメリットをまとめてきました。 ただ、僕は中学受験の経験者としては中学受験をしてよかったと感じる部分が大きいです。 もしも中学受験をせず公立の中学校に進学していたら、今のように東大に入学していたかも分かりません。中高一貫校に通っていたからこそ、周りの刺激を受けつつ、大学受験の勉強を真面目にした気がします。 また、6年間も一緒だったので一生の友達になるだろう友達も得ることができました。 ただこれは、中学受験をした僕からの一方的な意見だということは忘れずに、この記事を参考にしてくれればと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました! […]